ビジネスで成果を上げる コーチングスキルアップ CCJ

NLPプラクティショナー認定コース

田近秀敏からのメッセージ

2005年に、2月末からアメリカ、フロリダ州オーランドで、9年ぶりにNLP創始者であるリチャード・バンドラーのトレーニングに参加してきました。
アメリカ、カナダ、英国、フランス、オランダ、オーストリア、デンマーク、ドイツ、スペイン、イタリア、オーストラリア、ジャマイカ、メキシコ、シンガポール、台湾、日本など世界各国から約120名が参加し、様々な言語と訛りのある英語が飛び交って、まさにインターナショナルな環境でした。

トレーニング終了後
トレーニング終了後
田近秀敏(左側)とリチャード・バンドラー

9年前、彼のマシンガンのようなスピードの英語と、NLP独特の言語的、非言語的表現によって頭の中に竜巻が生じ、大混乱のまま帰国した体験を懐かしく思い出します。

私自身はトレーニングのキャリアが長いですし、プロフェッショナルですから、大抵のトレーナーの言動の意図は観察していると分かります。
しかしバンドラーの言動に関しては、ほとんどモデリングできませんでした。そのことに大きなストレスを感じたものでした。まったく歯が立たない人間が存在するという感じがして畏怖心を抱いたものでした。

しかし今回はセミナーそのものを楽しむことが出来ましたし、内容もよく理解できました。若干ながら貢献も出来たかも知れません。

トレーニング風景(ビデオより)
トレーニング風景(ビデオより)

この9年間の年月を通して私自身も成長していることと、リチャード・バンドラーとコートレーナーのジョン・ラバーユのセミナー運営が、さらに洗練されていたことが私の理解を深めさせてくれました。
心地よい刺激もたくさん受けましたが、なによりも、この世界で最高峰のポジションにいるバンドラー自身が成長しつづけていることに強い感銘を受けました。

NLPは、今では創始者だけではなく、多くのNLP研究者やトレーナーたちによってさらに進化し続けています。私もThe Society of NLP認定トレーナーとして、日本のNLP学習の質の向上に貢献していこうと決意を新たにして帰国しました。
アメリカで受けた刺激的な体験をNLPプラクティショナー認定コースの中で生かしていきたいと思います。

NLPプラクティショナー認定コースで認定された皆さんには、来年以降になりますが、NLPマスタープラクティショナー認定コースを提供することも可能です。
またその後、アメリカのNLPトレーナーズ・トレーニングに参加するという道もあります。

さて、今回のセミナーに参加されるあなたはどのような変化を望んでいらっしゃるのでしょうか。その変化はすばやく起こしたいですか。それともゆっくりと起こしたいですか。
好奇心いっぱいの仲間たちと一緒に学びあうことを楽しみにしています。

The Society of NLP 認定トレーナー
田近秀敏

ページの先頭へ

研修・講座

Copyright(C) 2006 Co-CREATE JAPAN Inc. All rights reserved