ビジネスで成果を上げる コーチングスキルアップ CCJ

コーチングコラム

コーチへのヒント

知覚のマジック新規追加

コミュニケーションをさらに上達させたいと願っているあなたであっても、クライアントや部下に対して魔法をかけることはできません。しかし、あなたはコミュニケーションの魔法使いになることは可能です。鍵は人間の知覚にあります。
(不定期の連載予定です)

  1. 魔法などというものはない
  2. 知覚をシェイクする会話
  3. YES, WE CAN. オバマの言葉のマジック
  4. 無意識に学ばせる
  5. ビジネス・リーダーのために、チームコーチングの視点から「岡田ジャパン」のプロセスを振り返る
  6. 影響力のスイッチ
  7. 綺麗(きれい)ごとに本気
  8. 鉄鋼労連元会長 故宮田義二氏の思い出 NEW
ページの先頭へ

Win & Win

相手を勝利に導く"ビジネスコーチング"とは

コーチングと対比できるのが、ボス型のマネジメントです。
彼らは指示・命令・恫喝・アドバイスという一方通行のコミュニケーションで相手を動かそうとします。そして多くの場合、それでは相手の自主性や対応能力が育たないのです。

  1. 私のコーチング事始
  2. コーチングで人を勝利に導く
  3. 行き先を決め、今もっとも重要なことを選択する
  4. コーチングはリーダーシップの機能
ページの先頭へ

管理職のスキル

管理職のための視点 (全6回)

ビジネスにおける指導、コーチングも基本的には同じようにコーチとプレイヤーとの関係によって成り立つと考えて良いでしょう。
あなた自身とあなたの部下は一流の仕事を成し遂げることに同意しているでしょうか?
そして、ともに勝つことに同意しているでしょうか?

  1. あなたは どういう人をコーチングしたいですか?
  2. あなたは 部下から信頼されていますか?
  3. あなたは 部下の状況に柔軟に対応していますか?
  4. あなたは 部下のパフォーマンスを観察していますか?
  5. あなたの 部下はアドバイスをほしがっていますか?
  6. あなたは 部下の自己評価に耳を傾けていますか?
ページの先頭へ

人材育成

21世紀の人材育成への視点 (全12回)

幸いなことに筆者は、人材開発や組織の拡張に関して広範囲に携わってきました。その体験と学びをもとに、いくつかの小テーマを通して読者の皆様にとって役に立つ視点を提供していきたいと思います。
すでに実行している、分かっているということも出てくるでしょうが、復習のつもりでお付き合いください。

  1. 能力開発型アセスメント(1)
  2. 能力開発型アセスメント(2)
  3. コンピテンシーを活用する人材育成(1)
  4. コンピテンシーを活用する人材育成(2)
  5. リーダーシップを発揮する人材育成(1)
  6. リーダーシップを発揮する人材育成(2)
  7. マネジャーを育成する(1)
  8. マネジャーを育成する(2)
  9. 課題設定と解決能力(1)
  10. 課題設定と解決能力(2)
  11. 目標管理のための実践コーチング(1)
  12. 目標管理のための実践コーチング(2)
ページの先頭へ

コーチングコラム

Copyright(C) 2005 Co-CREATE JAPAN Inc. All rights reserved