ビジネスで成果を上げる コーチングスキルアップ CCJ

書籍・通信講座

通信講座

PHP通信ゼミナール『セルフコーチングで描くキャリア・デザイン』

監修執筆講師 田近秀敏
PHP研究所
受講期間: 2ヶ月
教材構成: テキスト2冊・
  Careerデザインブック1冊・添削2回
  「キャリアプランシート」へのアドバイス付き
受講料: 1万9,950円(税込)

お申込みはPHPへ
講座情報直リンクはこちら

ねらい

本通信講座では、キャリアを『人生を通じての仕事上の経歴と意味づけ』と定義しています。そして講座の目的は、受講者が自分の力でライフ・デザインを行ない、そこから自分にとって望ましいキャリアをデザインして、その実現に立ち向かっていくことをサポートすることにあります。

その内容は、コーチが二人のクライアント(37歳男性と31歳女性)を一緒にコーチングしながら、それぞれのライフ・デザイン、キャリア・デザイン、それらの実現のための実行計画づくりをサポートしていくというストーリーで展開されています。あなた自身が三人目のクライアントになったつもりでコーチの問いかけに答えながら、自己探求を深めていくことになります。

この講座の特色
  • 特色 1
    コーチング手法により、自分自身の内面と向き合い、多角的に人生と仕事を捉えてキャリアをデザインすることができます。
  • 特色 2
    自分自身の現状と目指すべきキャリアが明確になり、働く意欲を高めます。
  • 特色 3
    「キャリアプランシート」にプロコーチが直接アドバイスすることにより、より明確なキャリア・デザインの構築ができます。
内容

UNIT 1   問題意識の明確化から現状認識まで

  • 序章  キャリア・コーチングとは
    1. キャリアを考える
    2. キャリア開発とは何か
    3. キャリアの必要性
    4. トランジション・コーチングとキャリア・コーチング
    5. セルフコーチングと基本プロセス
    6. <コラム>通過儀礼
  • 第1章  問題意識を明確にするステップ
    1. 問題意識とは何か
    2. 成功とは何か
    3. キャリアについて全般的に振り返る
    4. キャリアについて考えるときの基盤
  • 第2章  過去の完了のステップ
    1. 過去を完了する
    2. 児童期(0〜15歳)と青年期(15〜30歳)の特徴と課題
    3. 成人期(30〜45歳)の特徴と課題
    4. 壮年期(45〜60歳)の特徴と課題
    5. 老年期(60〜75歳)と晩年期(75歳〜)の特徴と課題
    6. ライフサイクルで人生を振り返る
  • 第3章  現状認識のステップ
    1. 現状を認識する
    2. 現在地を多面的に理解する
    3. 6つのレベルで現状をとらえる
    4. <コラム>ニューロロジカル・レベル

UNIT 2   ライフデザインから目標設定まで

  • 第4章  ライフデザインのステップ
    1. ライフデザインとは
    2. ライフデザインのステップ
    3. 人生の基本方針を作る
    4. <コラム>仕事や職業の選択や志向に影響を与える心理的プログラム(1)
  • 第5章  キャリアデザインのステップ
    1. キャリアの方向を見る
    2. キャリアデザインとジレンマ
    3. <コラム>仕事や職業の選択や志向に影響を与える心理的プログラム(2)
  • 第6章  適切な目標設定のステップ
    1. 目標設定のステップ
    2. 中期的な目標を設定する
    3. 短期的な目標を設定する
    4. エンプロイアビリティーを高める
    5. 時間を管理する
    6. <コラム>仕事や職業の選択や志向に影響を与える心理的プログラム(3)
  • 終章  部下をキャリア・コーチングするときのポイント
    1. 基本的なスキル
    2. 知覚差異の活用
    3. 適切な目標と成果の設定
お申し込み

本通信講座のお申し込みは、PHPのサイト よりお願いいたします。

ページの先頭へ

書籍・通信講座

Copyright(C) 2005 Co-CREATE JAPAN Inc. All rights reserved